[シャーロック]ドラマ第1話のあらすじからネタバレと感想!

sherlock シャーロック

ディーン・フジオカと岩田剛典のダブル主演でスタートしたフジテレビの月9ドラマシャーロック。
ディーン・フジオカはなんと月9初主演だそうです。

こんなイケメン2人が主演ということでスタート前からかなり話題になっていますね。

シャーロックドラマ第1話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は頭脳明晰で容姿端麗な、犯罪捜査専門のコンサルタント。難事件の捜査を、警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)から特別に依頼され、請け負っている。罪と悪に興味があり、謎解きは彼の生きがいでもある。だが、その性格は難ありで、一般の人が対等に渡り歩けることは、まずない。そんな獅子雄にとって、運命的な出会いを果たす事件が、いま幕を開ける。

都内の、とある病院で、ある一人の勤務医が屋上から謎の転落死を遂げる。死亡したのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)。第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽の助けを求める声を聞いていたことで、何者かに突き落とされたことが疑われる。江藤たち捜査一課は病院関係者を集めて事情聴取を始めた。

通報者で警備員の石井太(木下ほうか)が、やはり赤羽の声を聞いて現場に駆けつけたと話すと、突然、白衣を着た男が「嘘つけ!」と遮る。男は、麻里と石井の発言の矛盾点を次々と指摘し、論破していき、周囲は唖然となる。この男こそが、獅子雄だった。そして、獅子雄は、その視界の隅に、ある一人の男を捉える。遠巻きに様子を伺っていたのは、精神科医の若宮潤一(岩田剛典)。その不審な動きを、獅子雄はしっかりとマークするのだった…。
果たして、若宮という男は何者なのか?一人の医師の死によって、隠されていたおぞましい事実が、間も無く獅子雄によって暴かれようとしていた。

シャーロックドラマ第1話のネタバレと感想

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は赤羽栄光(中尾明慶)の不審な死に方について、病院内で捜査を始めます。
警備員や看護師の証言に矛盾を感じた誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、不審な動きをしている若宮潤一(岩田剛典)に注目。

はじめは赤羽栄光(中尾明慶)の事を良く知らないと言っていた若宮潤一(岩田剛典)ですが、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の追求によってその仲を見破られます。
さらに、赤羽の自宅を訪れて妻である汀子(松本まりか)からも話を聞き、若宮や赤羽やジャーナリストの郡司貴生(淵上泰史)との関係を知ります。

そんな中若宮は警察から任意同行を求められ、事情聴取を受けますが逮捕に至らず解放。
その間、獅子雄は赤羽の妻である汀子が派手な服装で生命保険会社の人間とあっている事を発見します。

そこから徐々に汀子に対する疑念が核心となり、若宮と汀子をクレオパトラ号で会わせることに。
そして船の上で本性を現した汀子、若宮は毒を盛られてしまい…。

第一話からかなり内容の濃い展開で、見ごたえのあるストーリーでしたね!

シャーロックドラマ第1話のネットでの評判

タイトルとURLをコピーしました